Rhinocerosでよく使うモデリングツール(形状操作編)

top_rh1_3_4

目次


共通
・各ツールの操作を途中でキャンセルしたい場合は「esc」キーでコマンドを解除することが可能です。
・最後に呼び出したコマンドは「enter」キーで繰り返し呼び出すことが可能です。
・全てのコマンドは ①コマンドアイコンから ②コマンドプロンプトから 呼び出す方法の2つが用意されています。
・(形状操作のツールにおいて)「コマンドの呼び出しが先か」、「オブジェクトの選択が先か」は問題でありません。どちらが先でも基本的にツールは機能します。

備考
・建築の作図でよく用いるツールをまとめました。
・曲線(NURBS)や曲面に関するツールは含めていません


動画の取扱いと画質調整

 
 Rhino-GH.comではトレーニング、ツール・コンポーネントに数多くの動画を用意しています。PCで閲覧される方は動画の画質調整が可能です。


①移動

 

②コピー

 

③矩形配列

 

④2D回転

 

⑤3D回転

 

⑥1Dスケール

 

⑦2Dスケール

 

⑧3Dスケール

 

⑨結合

 

⑩分解

 

⑪曲線を延長する

 

⑫トリム

 

⑬分割

 

⑭ミラー

 

記事の先頭に戻る

©2017 NIKKEN SEKKEI LTD. All Rights Reserved.
©2017 TAKAGI SHUTA OFFICE LLC. All Rights Reserved.

Log in with your credentials

Forgot your details?