コルビュジエ-ドミノを3Dモデリングする

top_rh1_5

目次

①基準線、外形線を作成する
②束基礎をモデリングする
③スラブをモデリングする
④柱をモデリングする
⑤踊り場スラブをモデリングする
⑥階段をモデリングする

※モデルはモデリングしやすいよう、オリジナルから各種寸法を変更しています
※図版の作図した線に色が付いていますが、見やすくするために設定したものであり、作業では同じ色に設定する必要はありません
※図版に寸法線が記載されていますが、見やすくするために設定したものであり、作業では作図する必要はありません


動画の取扱いと画質調整

 
 Rhino-GH.comではトレーニング、ツール・コンポーネントに数多くの動画を用意しています。PCで閲覧される方は動画の画質調整が可能です。


①基準線、外形線を作成する

 

テキスト
①-1.基準線の作成

線(Line) コマンドや長方形(Rectangle) コマンドで基準線を作図する
・基準スパンは1,000mm(左記画像参考のこと)

 
domino1_2
①-2.外形線をなぞる

・スラブ、柱、束基礎、踊り場スラブの外形線をポリライン(Polyline) コマンドでなぞる
※すべて「閉じた曲線」にすること


基準線データ
  • 基本スパン = 1,000mm
  • 柱サイズ = 200mm * 200mm
  • 束基礎サイズ = 500mm * 500mm
  • 階段踏面 = 900mm * 300mm
  • 踊り場スラブ = 1,800mm * 1,200mm

ツール参考


②束基礎をモデリングする

 

テキスト
domino2_1
②-1.束基礎を押し出す

・「①」の束基礎の外形から厚さ500mm(=z軸プラス方向)で束基礎を押し出す
押し出し(閉じた平面曲面から)(ExtrudeCrv) コマンドを用いる(コマンドのオプション「ソリッド(S)=はい」にすることを忘れないこと)

domino2_2

束基礎データ
  • 平面サイズ = 500mm * 500mm
  • 厚さ = 500mm

ツール参考


③スラブをモデリングする

 

テキスト
domino3_1
③-1.スラブを押し出す

・「①」のスラブの外形から厚さ200mm(=z軸プラス方向)でスラブを押し出す
押し出し(閉じた平面曲面から)(ExtrudeCrv) コマンドを用いる(コマンドのオプション「ソリッド(S)=はい」にすることを忘れないこと)

domino3_2
 
domino3_3
③-2.スラブを複製/移動する

・スラブを「②」で作成した束基礎の上面に移動(Move) コマンドやコピー(Copy) コマンドで移動させる
・一層目:(最初に作図したスラブから)z軸正の方向に500mm移動(=スラブの下面:Z=500mm)
・二層目:(最初に作図したスラブから)z軸正の方向に3,000mm移動(=スラブの下面:Z=3,000mm)
・三層目:(最初に作図したスラブから)z軸正の方向に5,500mm移動(=スラブの下面:Z=5,500mm)


スラブデータ
  • 厚さ = 200mm
  • 階高 = 2,500mm

ツール参考


④柱をモデリングする

 

テキスト
domino4_1
④-1.柱を押し出す

・「①」の柱の外形から長さ2,300mm(=z軸プラス方向)でスラブを押し出す
押し出し(閉じた平面曲面から)(ExtrudeCrv) コマンドを用いる(コマンドのオプション「ソリッド(S)=はい」にすることを忘れないこと)

domino4_2
 
domino4_3
④-2.柱を複製/移動する

・柱を「③」で作成したスラブの上面に移動(Move) コマンドやコピー(Copy) コマンドで移動させる
・一層目:(最初に作図した柱から)z軸正の方向に700mm移動(=柱の下面:Z=700mm)
・二層目:(最初に作図した柱から)z軸正の方向に3,200mm移動(=柱の下面:Z=3,200mm)


柱データ
  • 断面形状 = 200mm * 200mm
  • 長さ = 2,300mm

ツール参考


⑤踊り場スラブをモデリングする

 

テキスト
domino5_1
⑤-1.踊り場スラブを押し出す

・「①」の踊り場スラブの外形から厚さ200mm(=z軸プラス方向)でスラブを押し出す
押し出し(閉じた平面曲面から)(ExtrudeCrv) コマンドを用いる(コマンドのオプション「ソリッド(S)=はい」にすることを忘れないこと)

domino5_2
 
domino5_3
⑤-2.踊り場スラブを複製/移動する

・踊り場スラブを「③」で作成したスラブの中間に移動(Move) コマンドやコピー(Copy) コマンドで移動させる
・一層目:(最初に作図した踊り場スラブから)z軸正の方向に1,750mm移動(=踊り場スラブの下面:Z=1,750mm)
・二層目:(最初に作図した踊り場スラブから)z軸正の方向に4,250mm移動(=踊り場スラブの下面:Z=4,250mm)


踊り場スラブデータ
  • 平面形状:1,800mm * 1,200mm
  • 厚さ:200mm

ツール参考


⑥階段をモデリングする

 

テキスト
domino6_1
⑥-1.階段の断面外形線を作図

線(Line) コマンドやポリライン(PolyLine) コマンドで左図のように断面外形線を作図する
すべて「閉じた曲線」にすること(線(Line) コマンドで作図した場合は結合(Line) コマンドで「閉じた曲線」にする)

 
domino6_2
⑥-2.階段を押し出す

・「⑥-1」の断面外形線から幅900mm(=z軸プラス方向)で階段を押し出す
押し出し(閉じた平面曲面から)(ExtrudeCrv) コマンドを用いる(コマンドのオプション「ソリッド(S)=はい」にすることを忘れないこと)

domino6_3
 
domino6_4
⑥-3.階段を複製/移動する

・「⑥-2」のモデルを2D回転(Rotate) コマンド、3D回転(Rotate3D) コマンドを用いて向きを整える
・「③」で作成したスラブと「⑤」で作成したした踊り場スラブの中間に移動(Move) コマンドやコピー(Copy) コマンドで移動させる


階段データ
  • 踏面 = 奥行き:300mm, 幅:900mm
  • 蹴上 = 125mm

ツール参考


記事の先頭に戻る

©2017 NIKKEN SEKKEI LTD. All Rights Reserved.
©2017 TAKAGI SHUTA OFFICE LLC. All Rights Reserved.

Log in with your credentials

Forgot your details?